HOME     
韓国留学体験ブログ うゆましるれ

粉物はテフロンがっちがちで焼いちゃって!



サランジョージによる、
ゴールデン学びウイーク!
しれっと第2回目!

前回作った豆もやしで緑豆ジョンを作ろう!!
以前紹介した善玉先生の本からです。

日本ではまだまだマイナーな緑豆。
実は韓国ではお粥やお菓子に使うので
豆をくだいて緑の皮の部分と黄色い豆
の部分が見えてる、一見2色豆MIX
みたいな感じで売ってます。
あんまり注意して見た事ないけど、
もしかしたら韓国では、豆の丸いまま
の緑豆、それをくだいた緑豆(あらくだき)
さらにそれを粉にした緑豆粉の3種類
売ってるのかもしれないですね。
この緑豆を生地にしたお焼き
「ピンデトッ」は屋台でも人気の
おやつですね!

ryou5.jpg

そんなわけで、日本ではわざわざ
乾燥した砕いた緑豆もないし、
乾物の緑豆をミキサーかけるのが
うちのしょぼミキサーだと心細いので
栽培した豆もやしを使っちゃいます!

善玉先生の本のレシピによると、
緑豆をふやかして、皮をむいて、
中の豆の部分だけミキサーに
いれて細かく挽くそうです。

そんなわけで私は栽培して
根っこが生えてますが、
それをそのままミキサーへ。
洗いながら緑の皮捨てちゃったけど、
緑豆って本当は皮にこそ、解毒作用
が強いので、捨てないで食べた
方がいいです。(まあお料理の
世界は見た目がナンボなんで
もやし状にしちゃうと、見た目も
舌触りも悪くなっちゃうのが
緑豆もやしの残念なところです)


ryou1.jpg

▲ちょっとお水入れます

ryou2.jpg

▲はい、胡麻ペーストみたいになりました!

この緑豆ペーストにお肉とか
キムチを入れて、塩コショウ・ごま油
で味をととのえます。レシピでは
小麦粉でしたが、米粉を入れて
濃度調節。

なんとこのジョンおしゃれなことに、
オニオンリングに生地を流しこんで
焼くのです!

緑豆は正直豆乳的なノリでにおいが
好きじゃないので、もしかしたら、
食べられないかも!と思い、
保険でジャガイモチヂミも作りました。

ジャガイモチヂミも、千切りバーション
とか、すりおろしバージョンとか
いろいろあるけど、参考にした
レシピはすりおろしバージョンでした!

ryou4.jpg

すりおろしたじゃがいもは、
ザルボウルにかまして、
水切りするのですが、
この時、ボウルの底にたまった
白い粉はでんぷんです。

ryou3.jpg

この粉を上澄み液だけ捨てて、
また沈殿させて、って作業を何回か
して、水分飛ぶまで乾燥させたら、
片栗粉が完成します!
(私くらいの歳だと昔理科の実験で
やった人もいるかとおもいます)
余談ですが、今はやりの(?)タピオカ
もキャッサバという芋のでんぷんから
できているので、いろんな工程を経て
あのぷるんぷるんの丸いおやつが
できていると思うと、すっっっっごい
手がかかってるものだと思うんですよ。
だからデザートと飲み物の中間の
くせに(くせにって)500円もするんだね!

ryou6.jpg


いよいよ焼いて行きます!!
ぶっちゃけ緑豆ジョンのほうは
米粉が少なくて、ちょっとゆるめです。。。

ryou7.jpg

油大目に敷いたけど、テフロン加工の
劣化なのか、全部くっついたYO!

ryou8.jpg

心が折れたので、オーブンで
焼くことにしました。
200度で10分/10分でひっくりかえします。

ryou9.jpg

じゃがいもチヂミはともかく、オニオンリング
につめた緑豆ジョンはひっくり返したら
破壊されたので、フライパンで蒸し焼きが
いいかもです。(そもそもつなぎの粉も
少ないしね)
そんなわけで、紆余曲折なんとか完成!

オニオンリングin緑豆ジョンが善玉先生
の仕上がり写真とかけ離れすぎてて
ウケますね!!爆

ryou10.jpg


左上のチョウムチョロムが、
アウトドア用っていって、冷凍庫で
凍らせるんですけど、これずっと
冷蔵庫にあって、早く飲まなきゃー
だったので、やっと空けました!

なんかでも、こう、生地を焼く料理
って楽しいですね。片付けるの
めんどくさくて、いつもフライパン
で焼いちゃうけど、たまには
ホットプレートで焼くのもいいかも
なーなんて思います。
(まあ一人なんですけど)





2020-05-11 : コロナ自粛で自分と向き合ってみる コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop

«  | ホーム |  »

プロフィール

サラン

Author:サラン
仕事に追われる生活をちょっとお休みして、ソウルにて留学生活してました!帰国後現在はへっぽこ韓国語でなんとか韓国企業に就職中ぅ。

※リンクは自由です。ご連絡等は一切必要ありませんので、各ページご自由にリンクしてください。

【お問い合わせ】
お問い合わせ・取材のご依頼等 は、下記よりお願いいたします。※ 種別欄 で お問い合わせ(取材・マスコミ)を選択してください。

日韓ライフネット
http://nk-life.net/