HOME     
韓国留学体験ブログ うゆましるれ

グンちゃんドラマ ラブレインの喫茶は今も健在!


韓国の第三の都市と呼ばれる大邱(テグ)。
近年日本人誘致のために美容都市の
アピールと共に、ユンソクホ監督の、
チャン・グンソクさん、少女時代のユナさん
主演の「ラブレイン(사랑비)」のドラマロケ地
として有名です。

sararo2.jpg

テグ観光のホームページに行くと
ラブレインロケ地マップというPDFを
ダウンロードできたりします。

sararo1.jpg

前回紹介したテグ観光マガジンもそうだけど、
テグはHPで、すでに現地で発行された
印刷物を誰もが手に入れられるように
PDF化してくれるので、ありがたい。
(ここにリンク貼りたかったんだけど、
なぜか見つからず・・・;;)

きっと観光誘致の責任者がIT世代
初期の若い方なのかなーと思います。
そして、たぶんソウルとかはソウル観光
ホームページなんて無くたって(無い事は
ないと思うけどね)とかく情報があふれて
いるけれども、とりあえずテグは、とにかく
観光客を呼べるよう、まずはネットを!!
という意志を感じます!もちろんこれ
私のただの個人的な感想(^◇^;)笑

さてさて!そんなわけで、ラブレイン。
ラブレインロケ地はテグにたくさん
あるのですが、今回私が行ったのは、
カフェセラヴィー

sararo3.jpg

全盛期よりは日本での人気は
落ちたものの、今でも見かければ
やっぱりかわいい、アジアのプリンス!
チャン・グンソクことグンちゃん!

もう何回もこのBlogで紹介している、
ソウルの6号線上水駅 にある、
Yoon’s Color Drama Galleryでは、
(過去紹介記事はコチラ!
撮影のパネルや小物の展示が
モリモリですが、こちらのテグ、
カフェセラヴィーでは、ドラマ初盤に
登場する、登場人物たちの溜まり場の
カフェがそのまま保存されています!

もうこれは写真をご覧ください!(≧∇≦)

sararo4.jpg

▲店内のキッチン側~このグリーンな感じがステキ!

sararo5.jpg

▲奥のガラス張りのDJブースの手前にはライブステージが!

sararo6.jpg

▲レコードのかたちのメニュ!

sararo7.jpg

▲ラブレインのドラマも流してくれますー!TVの中身と一緒だわ(はあと)

sararo8.jpg

▲グンちゃんの席らしい。でもいっぱいあったよ!
いろんな所に座ったのね(笑)

sararo9.jpg

▲出演者のサインたち~

sararo10.jpg

▲等身大パネルもあるyo!


なんだかんだ閉店の噂も聞いていたし、
平日なので開いているか不安でしたが、
お店の入り口ドア越しからママと目が
合った瞬間、笑顔で一安心!

塩対応の韓国、さらに初のテグ
一人旅での、この大歓迎ぶりは
胸にしみすぎて、こっそり泣けました笑

ママは私一人の為に暖房つけて、
寒さを気にしてくれたり、TVつけて
ラブレインのドラマ流してくれたり、
写真を撮ってくれたりと、ドラマロケ地の
期待を全く裏切らないおもてなしを
してくれましたよーぉぉぉー!!!
(ソウルのコーヒープ●ンスと大違い!爆)

カフェセラヴィーに訪れたお客さんが
記入するノートをママに手渡されたので、
私も旅の記念に書いてきましたが、
来訪者の日付を見ると週末には団体客や、
個人旅行のドラマファンがちょくちょくと来ていました。

大歓迎ムードのママと、管理の
行き届いた喫茶店内で、心置きなく
ラブレインの世界に浸れます。

特に入場料とかはなく、普通に
カフェで、ドリンクを注文する
スタイル。コーヒーとちょっとした
お菓子がついてました~

気になるカフェセラヴィーの場所は?

serav.jpg

地下鉄2号線/3号線の新南(신남)駅9番出口から
エルディスリージェンとホテルの方面に向かって
歩き、通り過ぎた脇の駐車場から行けます。
(でもそれはたぶん裏口)

この近くに生活韓服レンタル屋さん
があります!後日記事にしますが、
3時間レンタルで、生活韓服着て、
カフェセラヴィーにて撮影も、
十二分に有りだと思いますYO\(^o^)/




2018-01-07 : Love 韓国ドラマ コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop

«  | ホーム |  »

プロフィール

サラン

Author:サラン
仕事に追われる生活をちょっとお休みして、ソウルにて留学生活してました!帰国後現在はへっぽこ韓国語でなんとか韓国企業に就職中ぅ。

※リンクは自由です。ご連絡等は一切必要ありませんので、各ページご自由にリンクしてください。

【お問い合わせ】
お問い合わせ・取材のご依頼等 は、下記よりお願いいたします。※ 種別欄 で お問い合わせ(取材・マスコミ)を選択してください。

日韓ライフネット
http://nk-life.net/