HOME     
韓国留学体験ブログ うゆましるれ

とにかく見て欲しいお勧めドラマ2016年 春


そんなわけで、私、日課の韓国ドラマ鑑賞で
ちょうどドラマ1本見終えて、その感動の余韻に
ひたりつつ勢いで書いてます!!!

留学中にも今見てる途中です~と1度紹介したことが
あるのですが、チョ・インソンさんとコン・ヒョジンさんの
ヒーリングラブストーリー「大丈夫、愛だ(괜찮아 사랑이야)」
2月中旬からケーブルテレビで放送していて、
2014年に見てたときは字幕なしだったので、なんとなく
理解だったのですが、今回字幕版で見てて、
「あーなるほどこういってたのか!」と全然理解してなかった
ことが多々あって、改めて見て、ちゃんと理解できて
よかったなー!!と(〃 ´  ▽  `  )ノ"

放送のキャッチコピーが「大人のためのヒーリング・ラブコメディ」
ということで恋人との恋愛や家族愛と人間性、過去の経験
によって人はどんな心の傷を抱えて、乗り越えてゆくのかという
単なる「ラブコメディ」なんて一言で言い表せない非常に
緻密に計算されすぎたドラマでした!!

もう私、最初、あーでたでたこの、韓国女子特有の
振り回し恋愛~超腹立つーとか思っていたのに、
物語の後半13話くらいから、毎回泣けすぎました。笑
(とかいって、2人の恋愛っていうのはほんのちょっとで、
後半の精神病との闘いっていうテーマがすごかった!)

そしてチョ・インソンさんが美しすぎた。
演技がうますぎた。
しゃべり方とか人柄とかもう全部好きすぎました!!
OSTも全部いいです!!
「眠れない夜 (잠 못드는 밤)」という挿入歌があるのですが、
これは私が留学時代に授業で演劇発表があって、
その時に使用した曲なので、なおさら懐かしかったり
いろいろな感情が湧きあがります。

こちらの韓国ドラマOST資料室というblogで管理人様の
的を得たコメント共に、映像と音楽が視聴できます!

また、ドラマの日本公式サイトはこちら!


このオススメドラマ、初回放送前に紹介できなくて
ごめんなさいですが、3/9日よりBS11で放送開始です!!

2016年3月9日~(月~金)
チャンネル:BS11
放送時間:15:59~17:55


ken1.jpg


オススメー!
ちなみにちなみに、こちらのドラマでちょこっと登場した
ホンデのドラマロケ地はこちら!(当blogの過去の記事です)
★イラスト使用の壁画カフェ
★ドラマ序盤のオープンバー

ドラマ紹介ついでに、2013年に激ハマリした
「君の声が聞こえる(너의 목소리가 들려)」
再放送ー!ちょいちょい放送していたけど、
4月からケーブルテレビで「ピノキオ」の放送が
決まり、脚本家が同じで、微妙に「ピノキオ」に
話が繋がることもあって放送するんでしょうねー
久々に私の愛しいイケメソ男子イ・ジョンソクくんで
目の保養をしませう!!年下男子が好きになることまちがいなし!

ken2.jpg


そしてそして、放送前から注目と期待が集まりすぎている
アジアのプリンス チャン・グンソクことグンちゃん
一連の騒動後初のTVドラマ出演ということで、
まだ韓国で放送してもいないのに、早くも日本での
放送が決まってしまった(笑)
「テバク(대박)」も少しずつ情報解禁されていますねー!

ken3.jpg


こちら、キャストがグンちゃんはもちろん、
「イルジメ」「太陽を抱く月」の実力派子役俳優
ヨ・ジングくんも出るので成長を見守ってきた
おばちゃんとしては楽しみすぎます!!

ken4.jpg


グンちゃんは2016年の年明けに、現在ソウルで
開催中の「ゴッホ展」の親善大使として
活動を再開したわけですが、インタビュー読んだけど
ものすごーくゴッホについて勉強していて、
絵やゴッホの生涯の知識ももちろん、そこから
今後の自分の活動に向けての意気込みとかも
まじえながら話してて、非常によいインタビュー
記事でした。(たしかchoaで読んだ気がする)
今月末からスタートするドラマで俳優としても
エンターティナーとしても注目注目!!
そういえば公式FCサイトの画像がいろいろ更新されてて
かわいすぎた。なんか若返ってる?笑



2016-03-09 : Love 韓国ドラマ コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop

«  | ホーム |  »

プロフィール

サラン

Author:サラン
仕事に追われる生活をちょっとお休みして、ソウルにて留学生活してました!帰国後現在はへっぽこ韓国語でなんとか韓国企業に就職中ぅ。

※リンクは自由です。ご連絡等は一切必要ありませんので、各ページご自由にリンクしてください。

【お問い合わせ】
お問い合わせ・取材のご依頼等 は、下記よりお願いいたします。※ 種別欄 で お問い合わせ(取材・マスコミ)を選択してください。

日韓ライフネット
http://nk-life.net/