HOME     
韓国留学体験ブログ うゆましるれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告

冷麺を肉で包むってどういうこと?

今年のことは今年のうちに!!
ということで、怒涛の韓国旅行レポ祭り
開催しますよ~~~~!!

そんなわけで、10月末の金土日の週末
韓国旅行では、以前お伝えしたように、
金土でナイト的なクラブとカンナムのクラブ
大人女子の夜遊びをしてきたわけですが、
帰国日の日曜日は、留学中に最もよく遊んだ
日本語勉強会で知り合ったドンセン達と会ってきました!

夜遊びで来たくせに仕事で来たと偽っての
最終日(笑←もうしないから大目にみてもらおう)
ソウル旅行もそろそろ行きたい場所も
特になくなってきたので、冷麺とソルビンで
かき氷食べたい~という希望を伝えて、
金浦空港に行くのにも便利な5号線の
화곡(禾谷)駅で遊びました~
別に特に何もない普通の街です。
ドンセンの地元。笑

そんなわけで、こちらで食べたのは
육쌈냉면(肉包み冷麺)です~

yukurei1.jpg


冷麺って日本でも焼肉屋さんなどで、
韓国ブームが来る前から、よく知られた
麺料理で、韓国では辛いソースを
混ぜて食べる「ビビン冷麺」
冷たいスープがおいしい冷やしラーメンの
ような「水冷麺」の名前でお店に並んでいます。

そして、なぜか韓国で冷麺を食べるとき
に欠かせないのがお肉。
お肉で冷麺を包んで食べます。

この、「肉で麺を包む」っていう日本語に
違和感を感じたアナタ!!
正解です!
これね、韓国の人がよく
「고기를 싸서 먹으면 더 맛있어요:お肉で包んだら最高だよ」
って言ってるんですけど、意味わかんないですよね!!

韓国に興味がない人でも、焼肉を
サンチュで巻いて食べる様子は、
想像しやすい光景だと思います。

そもそも野菜の面積も広いし、はっぱを
広げた上にお肉を乗せて食べるのは
違和感ないですからね。

でもどうでしょう?まかりになにも、
肉で麺を巻く(包む)という食べ方が
存在するのでしょうか?

ラーメン屋でチャーシュー麺のチャーシューと
麺を一緒に食べることは食べますが、
たぶん私は韓国で冷麺を食べなかったら、
一生食べなかった食べ方だと思います。

その名のとおり、冷麺の麺を肉で巻いて
食べるんですよ。しかもこれ、いま、みんな、
チャーシュー麺の丸くて大きい薄いお肉を
想像しているかと思いますが、だいたい
おいしくて高いお肉を出すお店で食べると、
カルビチムとか、ゴロゴロした感じのお肉なので
(骨付きの肉をハサミで切るので、
薄さやゴロゴロさは、さじ加減といえばさじ加減…)
そのようなお肉に。。。。
麺を包む意味がわかりませんよね!

巻くとか、包むっていうか、麺を箸ですくった上に
肉を置くって感じでしょうか?
(今、急に思い出したけど、韓国ってご飯をスプーンで
食べるように、けっこう普通にスプーンで食べることが
多いので、麺を食べるときに、箸ですくった麺を
スプーンの上に乗せて、そこにさらにお肉
を乗せて、そのままスプーンを口に運ぶ様子も良く見られます)

私はこの食べ方、あまりやったことがなくて
うまく説明できないけれど、
どうにもこうにも、上手い人は器用に
そのように食べています。

麺食べてから、お肉食べれば
いいんじゃないの?って感じなんだけどね。笑
一緒に食べるからこそおいしいらしいですよ!

と、まあ、そんな感じで、食べ方はともかく!

とりあえず、冷麺を食べるならお肉を食べる!
という需要が多いのです!

しかーし!やっぱり、美味しくて、
いいお店で食べる牛肉料理は高いので、
気軽にお安くお肉と冷麺をセットで
提供してくれるお店が登場したわけで・・・

それが、今回行った、こちらのお店!

yukurei2.jpg


ふつう、冷麺一杯が6,000ウォンくらいなので
そこに、お肉もついて6,000ウォンって、安いでしょ?!

な・の・で!お味もそれなりです(⌒-⌒; )笑

ゴクゴク飲みたい水冷麺のスープは
科学調味料味だし(これじゃあ
市販の食べるのと変わらないYO!)
ビビンバ冷麺のヤンニョムジャンも、
ただ辛いだけだしでした。

まあ、仕方ないということで。笑

私は、肉で麺を包む意味が
わからないので(コラ)
やっぱり、冷麺は冷麺専門店で、
マンドゥと食べるのが好きです!

↓私の冷麺好きについてはこちらの記事もどうぞ(≧∇≦)

★トンデムンの激安マンドゥ店紹介
★アックジョンのおいしい冷麺&マンドゥ店紹介



2015-12-16 : 留学後 日本にて コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop

«  | ホーム |  »

プロフィール

サラン

Author:サラン
仕事に追われる生活をちょっとお休みして、ソウルにて留学生活してました!帰国後現在はへっぽこ韓国語でなんとか韓国企業に就職中ぅ。

※リンクは自由です。ご連絡等は一切必要ありませんので、各ページご自由にリンクしてください。

【お問い合わせ】
お問い合わせ・取材のご依頼等 は、下記よりお願いいたします。※ 種別欄 で お問い合わせ(取材・マスコミ)を選択してください。

日韓ライフネット
http://nk-life.net/











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。